2019年の手取り給料と残業代

2018年の終わり頃だったかな?部署が変わって残業がかなり増えたため給料の手取りはUPしました。

UPしたとはいえ、早朝から夜中まで働いても30万円に届きません。

残業が少ないのに30万円以上の手取りをもらっている方を見るとうらやましすぎる~!

残業と給料が見合わないようで、新入社員は入っても辞めてしまうそう。

夫も「こんなに働いているのに低給料。モチベーションがあがらない。」と嘆いています。

毎日遅く帰ってくる夫の健康が心配なので、この会社でこのまま働くより近場で転職した方がいいんじゃないかとも夫婦で話しますが、転職活動する時間すらない現状です。

そんな夫が1年頑張ってくれた手取り給料とは‥?

 




1年間の手取り給料

残業込みの金額です。

1月262497円
2月260583円
3月260905円
4月277675円
5月276987円
6月265098円
7月263030円
8月278315円
9月281791円
10月263966円
11月267316円
12月282909円

次に残業代もまとめてみます。

 

1年間の残業代

1月23713円
2月21613円
3月22380円
4月25752円
5月23357円
6月14211円
7月11234円
8月32703円
9月37697円
10月17779円
11月21270円
12月30872円

早い時は朝5時頃に出発し、毎日23時頃帰宅するので、もっと残業代が欲しいよね~と夫婦で話してます。

※ある程度の残業代が含まれた残業手当を頂いていますが割に合っていない気がしています。

 

手取り給料から残業代を引いてみると‥?

1月238784円
2月238970円
3月238525円
4月251923円
5月253630円
6月250887円
7月251796円
8月245612円
9月244094円
10月246187円
11月246046円
12月252037円

残業がないとこのくらいの手取りのよう。

それにしてもバラツキがありますよね。

なぜこんなに安定しない金額になっているのか調べてみました。

 

手取り給料の変化

3月まで238000円台なのに4月に入ってグンッと上がったのは昇給があったから。

昨年は昇格もあったので15000円ほど給料があがりました。

今度から残業しなくても手取り25万3000円(今までの手取り238000円+昇給15000円の単純計算)はあるのかな~♡と思っていたら、給料があがった分、所得税が高くなったため25万円~25万3000円の間くらいに。

8月に標準報酬月額が32万→36万に変わったため健康保険と厚生年金保険が5560円も高くなり手取り給料がさらに減り24万4000円~24万6000円の間くらいになりました。

12月は年末調整の関係で、所得税がすべて引かれるため(住宅ローン控除)手取りが多く見えているだけです。

こう見ると、せっかく給料が上がっても全然増えませんね。

頑張ってくれたおかげで15000円昇給したのに結局増えたのは6000円~8000円程度。

モチベーションが上がらない仕組みだなぁとつくづく思います。

今現在の家計を成り立たせるためには最低24万8000円は欲しいところなので、4月の昇給でその最低ラインは確保できるようになるといいな。



♡ランキングに参加しています。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

つむの赤裸々家計簿 - にほんブログ村







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする